髪型で印象をコントロール!知的に見える髪型は?

19.02/02-Sat/住まい

華やかで可愛らしい髪型も良いですが、涼しげな女性を演出したいなら知的さが出るスタイリングがおすすめです。冷静で品のある雰囲気を醸し出すので、オフィスなどでもピッタリなのです。知的さには清潔感が必要不可欠なので、日々のトリ―トメントなどのお手入れも重要になってきます。髪の長さによってアレンジも違ってくるので、ピッタリのスタイリングを探してください。

“ショートはスッキリ感が大事です”

 

View this post on Instagram

 

【sand】銀座美容師//へぎしょうたさん(@hegi__sand)がシェアした投稿

長さの短いショートカットやショートボブなどは、アレンジが難しいと感じる人も多いのではないでしょうか?ショートの良さはこざっぱりとした清潔感です。そのままでも清潔感は簡単に出すことのできる長さなので、後は髪の流れを上手くコントロールして下さい。フワフワとしたカールやボリュームのある髪型は、どちらかと言うとガーリーな印象になります。そのため直線的でシャープな面を出すのがポイントです。

前髪が短いと幼い感じになるので、長めの前髪が適しています。直線的なラインになるように、斜めに下ろしましょう。前髪が顎くらいまで長い人は、耳に掛けてスッキリさせるのも綺麗です。トップがペチャンコだと貧相な髪型に見えるので、トップの髪はカーラーなどでボリュームを出して、サイドはワックスなどでストンと馴染ませます。前髪の直線ラインに自然に繋がるようなイメージで造ってみてください。

“セミロングはサイドが鍵です”

 

View this post on Instagram

 

jolieさん(@jolie_hairstyle)がシェアした投稿

肩に付く位のセミロングの人は、止めたり結んだりとアレンジの幅も増えます。前髪はショートと同じく斜めに下ろしたり、真ん中で分けて額を出すのも表情が映えます。サイドにボリュームが出ると、全体が丸い印象になりやすいので、サイドのボリュームを抑えてください。ある程度長さのある髪型なので、ハーフアップにするのもおすすめです。

ポイントはきっちり留めることです。可愛い髪飾りなどは使わず、大人っぽいバレッタやクリップなどが良いでしょう。後れ毛やサイドの髪は垂らさずに、キュッとまとめると知的感が上がります。毛先も巻かずに直線的にするか、少し内巻きでも良いです。ハーフアップにしない時は、ドライヤーなどでしっかりとストレートにします。セミロングの人はちょっとした違いで甘さの強くなる髪型なので、柔らかい丸みが出過ぎないように気を付けてください。

“ロングはまとめ髪が決め手です”

 

View this post on Instagram

 

wear.chicchimoさん(@wear.chicchimo)がシェアした投稿

サラッと長いロングヘアは、女性らしさ抜群の髪型です。アレンジも無限にできるので、様々な方法でスタイリングしてみましょう。ここでもカールやパーマは避けるのが正解です。ツヤ感のあるストレートロングは、誰もが目を惹くインパクトを持ちます。よりクールにするためにまとめ髪にも挑戦してみてください。ただ一つに結ぶと、老けて見えたり疲れて見える可能性があります。結び目は片方のサイドに持ってきて、ひとまとめにするのがおすすめです。サラッと感を強く出すようによくブローして下さい。器用な人はこの位置でお団子などでくるっとまとめると、よりスッキリします。お団子にする場合は、耳下で結った髪を緩く三つ編みにして、根元の結び目に巻きつけてピンで固定します。後れ毛などは出さないことがポイントです。傷んでパサつくとかなり目立つので、スタイリング剤で押さえるのも忘れないように。

“まとめ”

このように知的に見せる髪型は、長さによって色々作れるのです。どんな長さでもキリッとしたストレートは、引き締まった印象を与えます。前髪の長さや結ぶ位置などは、それぞれの輪郭などによっても似合うものが違ってきます。大人っぽさを意識して、素敵な髪型を目指してみてください。仕事にもプライベートにも使えるので、様々な場面で印象的な女性になれるでしょう。


120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »