和風の家を洋風な家に生まれ変わらせることは可能?

19.02/02-Sat/リノベーション

和風の住宅を洋風にリフォームする時、日本式住宅の開放的な造りや落ち着きを感じさせる佇まいをどこかに残すこともできます。大切な家を長く住み継いでいくためにリフォームはとても効果的です。どんなイメージも取り入れることも可能ですが、そこに住む人が心地よく住みやすい住宅に蘇えらせる事が出来れば、思い入れのある家に末永く住み続ける事が出来ます。

“畳をフローリングにする時の注意”

 

View this post on Instagram

 

智也さん(@tmy368104)がシェアした投稿

古い日本家屋を洋風にリフォームすることはもちろん可能です。時代と共に生活様式が変化して、畳の部屋を持たない住宅も増えてきました。畳はそのまま寝ころぶこともできて、高温多湿の日本の気候風土に合った優れた床材ですが、現在の住宅では純日本的な畳敷きの部屋をもつ間取りは減っています。畳を敷いたいわゆる茶の間にあたる空間だった部分を、台所とダイニングとワンフロアのフローリングに仕上げる改装も人気があります。

ただし、畳は足あたりがソフトで階下に音が伝わりにくいという特性もあります。そのため洋式の住宅への改修する際には、もしもそこがマンションの場合には必ず防音対策を施す事が必要です。また、床を張り替えるタイミングで床暖房などの設備を取り入れておけば、将来的に床暖房工事を別にする必要がなくなり、工事費用の節減にもつながるのでおすすめです。

 

“押し入れをクローゼットにする”

 

View this post on Instagram

 

ままチャンさん(@yuahome)がシェアした投稿

住宅を和風の暮らしから洋風の暮らしができる場所に変更する時、日本の生活スタイルの中で代表的な収納だった押し入れをどうやって活用するかを考える必要があります。和室を洋室に改装することで、布団の上げ下ろしが必要なくなれば、奥行きの深い押し入れは不要になります。

ただし、日本家屋の場合押し入れの部分は抜けない柱が通っていることも多いので、フローリングに押し入れだった部分を利用したクローゼットを取り付ける改修を行う事になります。一般的な洋室のクローゼットよりも奥行きが深い分たくさんモノを収納できますが、奥のものを取り出しにくくなるのがデメリットです。通常は奥行きが90㎝ほどある空間なので、例えば奥行の浅い可動式の引き出しを前後に2つ置いて、季節に合わせて入れ替えるなどの使い方が便利かもしれません。押し入れは大きな容積を持つので、工夫次第でたくさんのものをしまえて使いやすい大収納空間が誕生します。

 

“和風の雰囲気を残した洋式住宅も”

 

View this post on Instagram

 

TETTO CASAさん(@tettocasajapan)がシェアした投稿

純和風の住宅を全く面影を残さない洋風の外観と内装にすることはもちろんできます。ただし、あえて和の空間の雰囲気を残した改修をすることで、どこかモダンで懐かしさも感じさせるような洋式の暮らしというのも実現できます。ワンルームのフローリングに改装したリビングダイニングキッチンの一部を、ちょっと寝転がったりもできるようなモダンな畳の空間にするなども、見た目におしゃれで使いやすいものです。障子やふすまなどの和風の建具は全て取り替えるとしても、引き戸にすることで空間が安全に使いやすくなることもあります。洋式の暮らしの方が安全で快適なイメージはありますが、随所に和風のしつらえを残すことで、また違った趣を持った洋風の暮らしができるようになることも考えられます。洋の暮らしと和の暮らしのそれぞれに良いところを上手に生かせば、より快適な生活が送れるようになります。

“まとめ”

純和風の住宅を希望する人はずいぶんと少なくなったようですが、和のテイストを感じさせる洋風の暮らしというのは、実は知らず知らずのうちに私たちが自然に取り入れているものです。せっかくリフォームするのなら長く気持ちよく住み続けられるように、依頼主の住宅への思い入れを存分に汲み取ってくれるような信頼できる業者を選ぶことが大切ですね。


100
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »