ファッションのアクセントに!髪飾りの上手な使い方

19.02/02-Sat/住まい

ヘアスタイルやアレンジのマンネリ化に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、ファッションのアクセントになる髪飾りです。髪飾りを取り入れることで一気に髪型やアレンジの幅が広がりますし、ファッションのアクセントにもなります。様々な種類のものがありますので、自分の好みや髪型や髪質にぴったり合った最適なものを選んでマンネリから脱出しましょう。

“様々な種類のものがある”

 

View this post on Instagram

 

めだまるおさん(@medamaru0)がシェアした投稿

ファッションのアクセントになる髪飾りには様々な種類のものがあります。具体的にどのようなものがあるかというと、ヘアゴムにリボンや花など様々なモチーフがついたものやボリューム感のあるシュシュ、髪の毛を固定する玉無しピンや玉有りピンやUピンやスモールピン、たくさんの髪の毛を一気に束ねることが出来るバンスクリップやバナナクリップ、アップスタイルのアクセントとなるバレッタやマジェステなどがそれにあたります。

素材や特徴や髪の毛を固定する強度や使い方がそれぞれ異なりますので、自分の髪の毛の量や長さや髪型や好みやファッションに合わせて最適なものを選びましょう。テクニック要らずにあっという間にお洒落な雰囲気のこなれたヘアスタイルを完成させることが出来ますし、見た目が華やかで可愛いだけではなく機能的にも優れているものがたくさんあるので髪型のキープにも最適です。

“ダウンスタイルやハーフアップに”

 

View this post on Instagram

 

fumiko shiraiさん(@fumiko.0928)がシェアした投稿

ダウンスタイルやハーフアップスタイルに最適なのが、バレッタやヘアピンやマジェステなどです。ヘアピンは前髪が落ちて来るのを防ぎながら華やかさを演出することが出来るので万能です。ヘアピンというとアップスタイルを作る時に髪の毛を固定するためのものという裏方的な印象が抱かれがちですが、主役級の可愛くてお洒落なヘアピンもたくさんあります。

黒や茶色のものだけではなく、シルバーやゴールドのものもあるのでアクセサリーやファッションやメイクに合わせて選ぶことが出来ます。ハーフアップにする際は、バレッタやマジェステで髪の毛を束ねるのがおすすめです。飾りでありながら強度も高いので、ヘアゴム無しでも髪の毛が落ちて来ません。レイヤーがたっぷりと入っている髪型の場合や髪の毛の量が少ない場合はヘアゴムで固定してからその上にバレッタやマジェステをつけて安定感をアップさせましょう。

 

“ロングヘアのアップスタイルに”

 

View this post on Instagram

 

Lycka / [リュッカ]さん(@lycka_insta)がシェアした投稿

ロングヘアのアップスタイルには、バンスクリップやバナナクリップやモチーフのついたヘアゴムやシュシュが役立ちます。バナナクリップはヘアゴム無しで大量の毛束を一気にまとめることが出来るので髪の毛の量が多くて長い人のとても強い味方となってくれます。

ヘアゴムで結ぶと結んだ跡がついてしまいますが、バナナクリップで束ねれば跡もつきませんし強度も高いので重宝します。常に携帯しておけば食事や作業で髪の毛が邪魔になるときでも安心です。バンスクリップには様々なものがありデザインやカラーも豊富なので、ラグジュアリーでエレガントで華やかなアクセサリーとしての使い方も出来ます。ヘアゴムの結び目を隠すのにも適しています。無造作なアレンジにプラスするだけで一気に洗練された雰囲気になれます。ヘアゴムやシュシュはシンプルな一つ結びをする人におすすめです。

“まとめ”

ファッションのアクセントになる髪飾りの種類や特徴や使い方を押さえて上手にアレンジに取り入れることで、ヘアスタイルにおけるマンネリから一気に脱出することが出来ますし、ファッションやヘアスタイルの幅も広がります。髪飾りを選ぶ楽しさもありますし、いくつか持っているとその日の気分やメイクや洋服に合わせて変えることが出来るのでとても重宝します。


100
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »