壁面の収納を上手に使う人がインテリアコーディネートを制する!

19.02/02-Sat/インテリア

お部屋のインテリアコーディネートを考える際に、外すことが出来ない要素が収納と言えます。必要なものを取り出しやすくしまいながら、見た目を良くしていくことが求められるからです。家具などを置くという事ももちろんですが、壁面を上手に利用することで、見た目も良く使い勝手の良い形に仕上げることもできます。ぜひ活用法をチェックしてみましょう。

“壁面を活かせる家具を取り入れる”

 

View this post on Instagram

 

MUJI無印良品さん(@muji_global)がシェアした投稿

家具を置こうとすると、その上のスペースが無駄になってしまうという事も多いものです。奥行きのありすぎる家具は部屋のスペースを狭めてしまうことになりますし、圧迫感も与えてしまいます。家具のイメージがちぐはぐだと、部屋の印象も損なってしまうことになるのです。

そこで、壁面を効率的に利用できる家具を利用するのがおすすめです。作り付けの物であればぴったりのサイズで、使いやすい収納を作ることが出来ます。また、市販のものでもサイズがぴったり合う物であればスペースを効率的に利用できます。もし、作り付けやサイズの合ったものを探すのが難しければ、高さが調節できるタイプのものを選ぶという方法があります。こうした形であればスペースを十分に活用することが出来ますし、見た目も統一しやすくて使いやすいものとなります。ぜひサイズ面に注意してアイテム選びをしていきましょう。

“あいているスペースを有効活用”

 

View this post on Instagram

 

sally-style323さん(@sallystyle323)がシェアした投稿

いくら収納を増やしたいからと言っても、壁全体の家具をすべて配置するという事は難しいものです。余りにも多すぎると逆に圧迫感を感じさせることにもつながります。ある程度解放感は保ちつつ、必要なものを収納できるような形を考えていきましょう。

そこで、壁にフックなどを付けるという形がおすすめです。その場で使うものをつるしておけばさっと取り出すことが出来ます。ものが迷子にならずに使いやすく納めることが出来ますし、定位置が決まっていることで家族みんなが片付けやすくなるという事もあります。細かいものを収納したいという場合には、ネットなどを付けてそこに籠などを設置し、収納スペースを増やしてみるのが良いでしょう。
壁に穴をあけたくない場合などは、2本の木材を天井と床に突っ張らせて、そこに板などを付けてフックを付けるという方法もあります。いろいろな方法を考え試してみましょう。

 

“目に見えるところの工夫を”

 

View this post on Instagram

 

こんぶさん(@korenankore72)がシェアした投稿

壁面に収納を設けたり、物をつるしたりするとしまえるものの量と使い勝手は増えますが、見た目が汚くなりがちという事に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

見えるところに吊り下げる道具などはお洒落な見た目のものにしてみましょう。お部屋の雰囲気に合ったものにするのがおすすめです。色合いなども考えてアイテム選びをしてみてください。インテリアのポイントにもなります。

また、壁面に置いた家具などが開放的になっている場合中身が丸見えになるということがあります。つっぱり棒などを利用してカーテンを付けたり、適したサイズの籠などを利用して目隠ししながらしまうという事も有効です。書類や本などはファイルボックスなどを使うと整理しやすく、見た目を統一しやすくなります。ぜひこういった点に注意しながら見える部分が素敵になるように仕上げていきましょう。

 

“まとめ”

壁面は広いスペースですから、収納として生かしていくことで住み心地が大きく変わります。ぜひ壁面を活用して使いやすさにつなげていきましょう。見え方が気になる場合には、籠やボックス、カーテンなどを利用しながら目隠ししていくのがおすすめです。こうしたグッズの色合いを揃えていくことで、お部屋全体の印象がまとまります。


90
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »