インテリアのトレンド最前線は展示会でチェック

19.02/02-Sat/インテリア

インテリアのトレンド最前線を知るのには、展示会に出かけるのがおすすめです。インターネットが普及し、写真や動画でもトレンドをある程度知ることはできますが、映像で伝えられるものには限界があります。展示会に足を運んで実物大のインテリアを目にしてこそ、真の良さがわかるというものです。どんな高性能のカメラも、肉眼にはかないません。

“展示会インテリアのチェックを”

 

View this post on Instagram

 

Yuka Sumidaさん(@sumida.yuka)がシェアした投稿

インテリアのトレンド最前線は、展示会に足を運ぶとよくわかります。現在はインターネットが普及しており、写真や動画で最新インテリアが多数紹介されていますが、やはり映像では伝え切れないものがあるものです。最新鋭の高性能カメラも、肉眼にはまったくかないません。実物を見ないとわからない感覚というのは紛れもなく存在しています。ショールームに足を運んで実物大のインテリアに囲まれて、初めてわかることというのがあるものです。

写真や動画では、形状や色はある程度つかめますが、その中に身を置いたときの感覚というのはわかりません。インテリアがもたらす雰囲気というのは、やはり実物を目にしてこそわかるものです。インターネットを通じてどこに住んでいようとも、多くの情報が得られるようになったことは歓迎すべきことですが、映像ですべてが伝わる状態にはまだなっていません。

“ショールームはプロの選択”

 

View this post on Instagram

 

Re:CASA REFORM STUDIOさん(@recasa_rehome)がシェアした投稿

インターネットの映像は幾多あり、その多くに目を通してどれがトレンドであるかを掴むのは容易ではありません。一方ショールームはお金をかけてしつらえられており、そこにはプロが選択したインテリアが展示されています。営業利益を上げるべく、プロたちがトレンドの最前線にあるものを厳しい目で選んでいるわけです。そのため、ショールームの展示物は多くの人々のリアルタイムの需要をうまくとらえたものであると見ることができます。

そこに足を運び、実物を目にすることで、トレンドの最前線が身に沁みてわかることでしょう。夢のような空間でもありますから、気分も良くなり、インテリアの重要性がいっそうわかるようにもなります。ショールームまで足を運ぶのは難儀なことですが、その価値は十分あるでしょう。快適な空間であるため、ショールーム巡りをしたくなるという人も多いです。

 

“時代の最先端を行く会場”

 

View this post on Instagram

 

Re:CASA REFORM STUDIOさん(@recasa_rehome)がシェアした投稿

ショールームは時代の最先端を行く場所であるため、ともすれば現実離れしたインテリアにも見え、違和感を感じることもあるかもしれません。しかし大金をかけて運営しているだけのことはあり、いつしかそれがトレンドとなっていることも多いものです。いち早くトレンドを知ることができる機会でもありますから、わざわざ足を運ぶ価値はありそうです。メーカーは新商品として、生産を開始しています。そのうちに各店舗に、そうしたインテリア商品が並ぶことでしょう。

もちろんプロでも、流行を見誤ることはあります。主力商品として各店舗に並べても、まったく売れないこともないとは限りません。ただ、たいていどこでも採用されているインテリアであれば、人々はそれが流行だと感じて特に反発することもなく、受け入れることが多いものです。そのため、外れるということはさして多くありません。

 

“まとめ”

インテリアの最新の傾向を知るには、ショールームに足を運ぶのがおすすめです。その道のプロが、社運を背負って選び抜いたインテリアが展示されています。インターネットで写真や動画を通じてある程度傾向を知ることもできますが、やはりショールームで実物を目にするのが一番です。その中に身を置いてしかわからない感覚というものはあるものです。


90
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »