掃除をしてもまた汚れが…鏡のウロコ汚れを落とす方法

18.10/03-Wed/アイテム

お風呂や洗面所などの鏡は、水滴のミネラル成分が残りウロコ汚れの原因になります。アルカリ性の汚れなので、酢水やクエン酸スプレーなどの酸性の商品でお手入れが出来ます。ドラッグストアやホームセンター、100円ショップなどで安価で購入できるので、必要な掃除道具を常備しておくと便利です。汚れが強い場合はティッシュなどで湿布をするのがお勧めしたいです。

“鏡に付く汚れの原因とは”

rie.dvlさん(@____rie.dvl____)がシェアした投稿

お風呂や洗面所の鏡は毎日シャワーの水を掛けたり、こまめにお手入れをしている人が多いですが、水垢などのウロコ汚れが付いてしまうので悩んでいる人が増えています。お風呂や洗面所の水滴にはミネラル成分が含んでいるので、乾いてしまうとミネラル成分が残ってしまい化学反応が起こりウロコ汚れの原因になります。水垢などの汚れはアルカリ性なので、酸性の酢と水のスプレーやクエン酸などのアルカリ性の商品を使用すると汚れが落としやすくなります。軽い程度の汚れの場合は酢水やクエン酸水を鏡にスプレーをして、ティッシュなどで貼っておき、30分ぐらいしてからお掃除をすると良いでしょう。汚れが強い場合は半日から一日ぐらい放置をしてから、専用のスポンジなどを使って洗い流して置くと汚れが落ちやすくなります。酢やクエン酸は100円ショップやホームセンター、ドラッグストアなどで安価で販売しているので常備しておくと便利です。

“鏡のウロコ汚れにはクレンザー”

Eriさん(@eri_minami_)がシェアした投稿

お風呂や洗面所の鏡は髭剃りをしたり、歯磨きをしたり、髪のスタイリングをするために欠かせないので常にきれいにしておきたい人がほとんどです。水滴が乾いてしまうとミネラル成分が残ってしまい、白いウロコ汚れの原因になります。ウロコ汚れを落とすためには酢水やクエン酸スプレーなどの、アルカリ性の商品も優れた効果がありますが、市販のクレンザーも試してみると良いでしょう。ホームセンターやドラッグストアなどで安価で購入できますし、傷が付きにくい商品も揃っているので安心して使用できます。浴室や洗面所などのウロコ汚れがきになる所に、クレンザーを専用のスポンジなどに適量を付けて丁寧に磨いておくと軽い程度の汚れであれば、落とすことが出来るので便利です。ウロコ汚れを落とすのは労力が掛かると感じている人が多いですが、市販のクレンザーは高品質な商品が揃っているので一度試してみると良いでしょう。

“掃除後は曇り止めで汚れ防止を忘れずに”

浴室や洗面所は湿気の多い場所なので、入浴後は窓を開けて換気をしたり、換気扇を回したり、お掃除後は鏡の水滴などを雑巾などできれいに拭き取っておくことが大事です。クエン酸スプレーや酢水などでお掃除をした後は、水滴を丁寧に拭き取り曇り止めを使用して汚れ防止を忘れないようにしましょう。鏡のウロコ汚れはお手入れをせずに放置をすると、自宅で対処をするのは難しくなるので、こまめにお手入れをしたり汚れが付くのを防ぐことが大事です。30代ぐらいの年齢の人は仕事や育児、介護などで忙しく、浴室の掃除が行き届かず悩んでいる人が多いですが、ウロコ汚れは市販の商品でも対応ができるので試して下さい。お掃除をした後は浴室の水滴をきちんと取り除いて、曇り止めなどを使用して下さい。普段からこまめにお手入れをすることで、常に鏡を清潔に保てます。自宅に必要な掃除道具を常備しておくと便利です。

お風呂や洗面所の鏡は、水滴にミネラル成分が残っているので乾くと化学反応が起こり、白いウロコ汚れの原因になります。クエン酸スプレーや酢水、クレンザーなどでお手入れをすると、汚れを落とすことが出来ます。汚れが強い場合はティッシュなどで湿布をしておくと、汚れが浮いてきて落としやすいです。ホームセンターやドラッグストアで安価で購入できるので、常備をしておきましょう。


120
fully編集部チームのちょっとした記事を、ライターさんに負けじと出していきます!!
このライターの他の記事へ »